カタログから好みの商品を選べるお祝いギフトが定着しました。無難なものよりも個性的なほうが私は好きです。

もらって嬉しい 良品揃いのカタログギフト
サイト内検索(by Google)
サイトメニュー
もらって嬉しい 良品揃いのカタログギフト

すっかり定着したカタログから選ぶタイプのお祝いギフト

お祝いギフトや内祝いギフトにカタログから好きな商品を選んでいただくカタログギフトがすっかり定着しました。ほとんどの人が1度くらいいただいたことがあるのではないでしょうか。3000円程度から数万円まで予算に合わせて選べるのも嬉しいです。せっかくお祝いや内祝いを贈っても、相手が気に入ってくれるとは限りません。それならば好きなものを選んでもらおう、というわけです。かと言って現金や商品券では味気ないので、いろいろな商品から選んでいただけるようカタログになった、というとても合理的なギフトだと思います。結婚式の引出物にもよく使われるようになりました。重くないのでとても重宝されています。引出物の定番だった食器類は、重いという欠点がありました。式場まで電車やバスを乗り継いではるばるやって来る人も多いので、とても大きな欠点です。最初はカタログギフトなんて味気ない、と思っていた私ですが、今ではその味気なさをカバーする利点のほうが多いと思っています。

私も何度かいただいたこともありますし、こちらからのお祝いギフトに贈ったこともあります。最近気が付いたのは、有名デパートのカタログギフトよりも、家具店や宝石店、インテリアショップなどのカタログギフトのほうが品物は限定されるものの、個性的で良いのではないか、ということです。私は古い人間なので、贈り物は老舗の有名デパートで買うもの、と決め付けていたところがあります。有名デパートの包みこそ価値があるのだと思っていました。しかしカタログギフトに関しては、有名デパートのは確かに品が良く、品物も確かなのですが、どうしても無難なものばかりになってしまっていて個性がないように思えます。数種類のカタログが用意されているものの、中身は大して変わりません。それに比べて例えば家具店のカタログギフトは家具、小物、インテリアなどに商品は限定されるものの、とてもほかでは手に入らないような個性的な商品が扱われています。もらって嬉しいのは私なら個性的なほうです。
PR情報

Copyright (C)2019もらって嬉しい 良品揃いのカタログギフト.All rights reserved.